重心が広報にかたよるので高速走行時の安定性が悪い

車は速度を出せば出すほど、前方の方が浮いてきます。それを抑制する為に空気の流れを考えた形にしたり、エンジンを前につけたりしていますが、高速走行では、重心が段々後ろに掛かってくる為スポーツカーなどではウイングをつけたりして安定性を保っているのです。


}PgžxQしかし一般車でウイングをつけて安定性を保っている車は少なく、又後方に荷物や人など荷重がかかりすぎるとこの傾向は更に酷くなります。高速走行時の安定性の大部分はこの車のバランスによって決まってくるので、荷物や人等はできるだけ前方にあるようにしておくことで安定性が崩れることを未然に防ぐという考え方をした方が良いのです。高速走行する際に、例えば雨が降ったり、風が強ければ、この安定性は更に脅かされることになります。後方に偏ると前方が浮き、タイヤが接地面にしっかりとつかないことで、カーブなどでの危険性が増してくるのです。運転中の前方、左右など注意とドライビングテクニックによってフォローする事ができる部分はあっても、最低限このバランスを確保しておくことは、ドライビングの安全性を高めることにとっても大事な知識であり、実践することでより快適な運転を行う事が可能になります。

Comments are closed.

最近の投稿