運転席を高く上げずとも床面積を広くとれ、軽量

RR(リアエンジン・リアドライブ)とはリアにエンジンを搭載し、リアタイヤを駆動させる自動車のことを言います。運転席後方にエンジンを搭載しているMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)と混同されやすいのですが全くの別物。RRは運転席後方ではなく車体後方にエンジンを搭載し、前輪が舵、後輪が駆動と役割が分担されているのが特徴です。


エンジン近くのタイヤが駆動する為、駆動力をタイヤに直接伝えやすく、高い馬力にも対応できます。フロントにエンジンがない為、前方を低くとるスポーティなデザインが可能。また、前方が軽いため軽快なハンドリングを実現できるのです。しかしメリットばかりではありません。車の重量物が後方に搭載されるので、当然重さは後ろに偏ることとなります。その為、前輪の接地感が少なくなったり、直進安定性が悪いなどのデメリットが生まれます。またエンジンが後方に搭載されているので、走行風が当たりにくくオーバーヒートもしやすくなります。このようにマニア向けな仕様であるため、現行の乗用車では、殆ど廃れてしまいました。しかし現在ではバスで多く採用されているのを見かけます。エンジンが車体後方に搭載されるので、タイヤとタイヤの間が長いバスでは床面積が取りやすくなり、床がフラットにできるのです。何よりも運転席を高く上げる必要がないため、運転席真下の死角が減り事故防止にもなります。乗用車ではトランクのスペースが取りにくい、といった問題がありましたが、バスなら車体中央に大型のトランクを設置することが可能なため、理に適った構造であると言えます。

Comments are closed.

最近の投稿