車検の有効期間について

車を所有するときには、車検のことを考えなけれななりません。
通常、新車登録から丸3年で1度目の車検になるのです。初めての車検では、乗り方にもよりますが、それほど修理箇所もなく、法定費用と検査費用にプラスαになることが多いのです。そのあとは、有効期間が2年になるので、2年おきに車検を通すことになるのです。しかし、例外もあります。レンタカーに使われている車では、新車登録から丸2年で初めての車検、その後も2年おきになるのです。
車検というのは、車の改造をしていないか、タイヤはすり減っていないか、エンジンオイルやブレーキオイル、バッテリ―、冷却水などのエンジンルームはどうなっているかなどの検査をしていきます。タイヤではスリップサインが出ていたら、交換です。また、前と後ろのタイヤをローテーションしたりするのです。
車検時の整備の仕方は頼んだところによりさまざまですが、定期的に部品の交換を勧めるディーラーもあれば、良心的に状態によって、交換不要と判断して、交換などを必要最低限にするような整備工場などもあります。
しかし、これは全て安全に安心して乗るために必要なことなのです。信頼できるようなところに出すとよいでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿