車検について知っておきたいこと

車を所有していると、新車登録時から通常3年で初めての車検を行うことになります。この車検というのは、自動車の状況を検査し、整備をするもので、改造してないかとか、タイヤが擦り減っていないか、エンジンルームはどうかなどの検査をしたり、自賠責保険や税金などの支払いをしていくものです。しかし、一部例外もあり、レンタカーである場合には、新車登録から2年で車検になるのです。
この車検は、車検前1か月から実施できるようになっています。ですから、忘れないように車検に出すようにします。たいてい、ディーラーや整備工場などで気を使ってそのお知らせが事前に来ることが多いのです。
もしも、車検を通さずに期間が満了してしまうと、その車を運転することができませんので、レッカーなどで運んでもらい、車検をしてもらうようになるのです。
その金額は車種や修理箇所などによってもかなり異なります。街の整備工場や車検専門の工場では、わりと良心的な価格であることが多いのですが、ディラーなどでは万が一に備えて、部品の交換が多かったりすることもあり、高めなのです。しかし、万が一に備えての事なので、安全性は高まることでしょう。
このように、車を所有するのなら車検は受けなければならないことなのです。

Comments are closed.

最近の投稿