車検にまつわる雑学特集

車を所有することになると、その維持にどのようなことをしなければいけないのかという知識が必要になります。
車は購入したら、あまり乗っていないとしても、いろいろなメンテナンスが要るのです。
例えば、新車登録から丸3年で車検があります。その後は2年ごとになりますが、これは法的に義務付けられているので、必ずやらなければならないのです。
どういったことをするのかというと、車の改造をしていないか、タイヤの溝はあるのか、エンジンオイルやブレーキオイル、バッテリーや冷却水など、エンジンルームの状態はどうであるのか、といったことを検査していきます。タイヤが擦り減っていて、スリップサインが出ていれば、タイヤを交換しなければなりませんし、改造してあると検査に通りません。修理やパーツの交換に関しては、依頼をしたディーラーや工場によって、やり方や度合いも異なります。ですから、信頼できる所に出すことをおススメします。
また、この時点で自賠責保険の切り替えや税金などの法定費用も払うことになるのです。この時に入っている自賠責は、事故に遭ったときの被害者を補償する保険なのです。
こういったちょっとした雑学を知っていると、車を乗るにも損をしないでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿