車検切れと仮ナンバー交付

車検切れの車は当然公道を走ることができませんが、そうすると車検を受けたくても、その車を車検場に持ち込む手段がなくなってしまいます。
この場合、仮ナンバー(臨時運行許可証)を発行してもらうことが必要になります。赤い斜線が入った特別なナンバープレートで、これをつけていれば一時的に、車検や整備などの目的に限って車を運転することができます。

仮ナンバー交付の申請手続きは、最寄りの役所で行います。
必要な書類は、運転免許証と、自賠責保険証の原本(借りる日から1か月以上有効なもの)、そして運転する自動車の車台番号を確認するための書類(車検証など)1通。他に印鑑(認印)と手数料が必要です。
これらを持って役所の窓口に行き、自動車臨時運行許可申請書に必要事項を記入して申し込みます。審査が終わればすぐに交付してくれるので、申請するのは車検場に持っていく当日か前日で構いません。

交付を受けた仮ナンバーの有効期限は、基本的に必要最小限の日数しか許可されませんが、最長で5日間です。また、有効期限の満了後5日以内に役所に返納しないと法律違反となるので注意が必要です。

なお、仮ナンバー交付の申請手続きは委任した人の代理申請も可能です。有料で代理申請を引き受けてくれる車検業者もあるので、忙しい方は一度相談してみるとよいでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿