走行時のエンジン音が静かなので運転しやすい

RR車はリアエンジンでリアドライブのことを言い、エンジン自体が車体の後部に存在し、駆動方式が後輪であることを言います。重量物が後ろに存在するため、発進時が滑らかに可動することが可能で、停止する時にかかるブレーキが四輪に均等にかかるので、走行安定性にも優れているメリットがあります。

なおかつフロントタイヤは、舵取りでの機能を有し、もっぱら後輪による駆動を実現するため、その分馬力が出やすい特長もあります。しかも急坂道などでにも対応することが出来るのも強みです。


}PgžxQ

車体の前部にエンジンが存在しないためキャビンを広くとることが可能となったり、前部の重心を低い自動車にできるなど、余裕を持った空間を実現しやすいです。ただ後輪にエンジンが存在するため、トランク部分のスペースの確保が難しくなる難点もあります。

なお一番の優れた点は、走行時のエンジン音が非常に静かで運転者にとって騒音を感じない点です。その理由は、座席の後方にエンジンを置いてあるため、音が進行方向の前方まで響かないで座席に乗っても音をほとんど感じないで静かとなります。

ただ現在の日本車でRR車として採用している自動車はかつては見られましたが、現在はほとんどないです。もっぱら海外製の自動車しか搭載されていないのも特徴となります。

 

 

Comments are closed.

最近の投稿