指定工場と認証工場の違いとは

自動車に関係する業者の中に、自動車分解整備事業を行う業者がいます。この業者は、ユーザーがトラブル無く自動車を使用できるように自動車の分解修理・診断・点検等を行うことをサービスとして提供しており、事業の運営はユーザーから支払われるサービス料金を主な原資として行われています。
自動車分解整備事業を行う業者は自動車の分解整備を行うための工場を保有していますが、これには大きく分けて2種類の形態があります。1つは「認証工場」と呼ばれる形態です。これは法律などで定められている人員、面積、設備等の基準を満たした上で、地方運輸局長あてに申請を行って認証を受けた整備工場のことを指します。ここでは、車の点検整備と修理を行うことは出来ますが、車検については分解整備のみを行うことができ、検査そのものは運輸支局や自動車検査登録事務所へ直接持ち込んで行う必要があります。
そしてこの認証工場のうち、地方運輸局長によって車検も行うことができる整備工場として指定を受けている工場は「指定工場」と呼ばれます。この工場には、車の分解と点検を行う設備に加えて、国の車検場とほぼ同等の車検を行うための設備も備わっています。ここで車検を受けて保安基準適合証の交付を受け、運輸支局等に提出することで、新しい車検証の交付を受けることができます。整備工場が地方運輸局長の指定を受けるためには、人員や設備の面で認証を受ける際の基準より更に厳しい基準が設けられており、この基準を全てクリアする必要があります。

Comments are closed.

最近の投稿