RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のデメリットはコストの高さ

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)は車体の後輪部にエンジンを置き、ドライブ駆動も後輪を主体として行う仕組みとなっています。よく言われていることには、FR(フロントエンジン・リアドライブ)よりエンジンの出力を伝えるプロペラシャフトがない分、安いですが、FF車に比べると製造コストがかかってしまうデメリットもあります。


 

以前はRR(リヤエンジン・リヤドライブ)を主流とした自動車が生産されていましたが、最近はこのコストの高さなどの面において、採用されない方式となっています。ただメリットも幾つか存在し、前輪を舵取りだけにして、後輪は駆動するということで役割分担が実現しているので走行安定性も優れています。

また急坂道などでは、エンジンの重みを後輪にかけていることでそのトランクションが働きやすく、そういった面で強い特長もあります。しかも曲がるケースではFF(フロントエンジン・フロントドライブ)車などに比べて、曲がりやすいです。

最も冷却系統は本来、走行中の風を直接、エンジンに当てることで実現しやすいですが、後輪部にエンジンが搭載されていることで、冷却が厳しい点も大きなデメリットです。冷却系が高熱などにより故障しやすくなる面もあり、その分、コストも余計にかかってしまうケースもあります。

Comments are closed.

最近の投稿