RR(リヤエンジン・リヤドライブ)がスポーツカーなどに向いているメリット

先ずリアエンジン・リアドライブとは、後輪軸より後ろにエンジンがマウントしてある駆動方式を指します。この駆動方式ではポルシェが有名ですが、これが何故スポーツカーに向いているかと言うと、最大のメリットはブレーキ性能にあります。


}PgžxQ通常、自転車でもバイクでも前に進む乗り物は、制動(止まる行為)すると前側に加重が掛かる為、6:4ぐらいでフロントにブレーキが利くように調整されております。また安価な自動車も前輪がディスクブレーキであるにも関わらず、後輪はドラム式になっていることもしばしば見受けられます。では後ろにエンジンがあったらどうでしょう?車の重量はエンジンが大半を占めます。つまり止まる際にフロントヘビーにならずに止まる事ができます。次のRRのメリットとして、例えばFRを例に取ると、前部にエンジンがあり、動力を後輪に伝える為にドライブシャフトが必要になります。これはスポーツカーならではの軽量コンパクト設計にデメリットとなります。車重が重いと燃費も悪くなります。また、RRは駆動綸そばに動力があるため、トラクションが効率よく伝達します。スポーツカーを極めると必然的にRR、若しくはMRが理想のエンジンレイアウトとなるのです。

Comments are closed.

最近の投稿