無免許、酒酔い運転の事故!もしも自分が被害者だったら

車の事故に遭った時は、体の状態や怪我に注意は向きますが、お金の問題も確実に存在していますし、加害者を良く知る事が大切です。
もし相手が無免許だったら、保険金に対する心配が発生しますし、怪我の保証がないと被害者の損が大きくなります。


しかし、相手が免許を持たず運転を行っていても、保険に加入を行っていれば、対人の事故補償対応になりますから、安心して怪我の治療に専念出来ます。
また、酒酔い運転が事故の原因であれば、明らかに相手の責任が大きいですし、状況が被害者の有利を証明しますから、この点も不安を感じる事は不要です。
問題なのは、保険に加入を行っていないケースや、保証を行う手続きが不十分な場合です。
この状況では、単なる酒酔い運転以上に注意する必要はありますが、国の保障制度を活用出来る可能性が存在するので、仕組みを詳しく調べたり、使える条件を知る事が必要です。
飲酒や不注意のトラブルは後を絶ちませんし、様々な啓発活動は行われますが、完全になくすのは難しいので、自己防衛と対処法の備えが身を守ります。
酒酔い運転は加害者の問題ですが、客観的な証言や状況の正確な把握など、最後まで油断をしないで対応する事が大切です。

Comments are closed.

最近の投稿