枕木山のお出かけインフォメーション

枕木山は島根半島の北山山系を代表する標高453メートルほどの山です。枕木山は夜景スポットとしての人気もありますが、日本で5番目に大きな汽水湖といわれる中海が望めたり、秋期には紅葉が見られたりと、昼間であっても絶景を望めます。


海02このほかにも、中国地方の最高峰である大山や、日本最大の港町、大根島や弓ヶ浜、北の海上のはるか先には隠岐島、西には三瓶山などが一望できます。夜景も昼間の景色も素晴らしい枕木山ですが、夕暮れ時もたいへん素晴らしく、真っ赤な夕日に染まった景色はとても幻想的です。また、枕木山の山頂には華蔵寺という、1200年ほどの歴史をもつお寺があります。寺にある仁王門には立派な金剛力士像が置かれており、運慶の作であるとされています。この金剛力士像には二歳児の無事成長を祈る「またくぐり」という習わしがあります。さらに、石造りの不動明王もあり、これは、石造りの不動明王をしては日本最大のものといわれています。不動明王の先には岩間から湧き出している杉井の霊水と呼ばれる水があり、これは亀山法皇のご病気を癒したとされている有難い霊水です。そして、薬師堂には重要文化財に指定されている薬師如来像が安置されています。

Comments are closed.

最近の投稿