窓ガラスの着色フィルム、法律上はいいの?

}PgžxQ着色フィルムはスモークフィルムと呼ばれ、自動車の窓ガラスに貼る合成樹脂フィルム全般、あるいはその中の透明度が低いもののことを言います。紫外線対策や車内温度が上昇するのを防ぎ、車内が周りから見えないようにしてプライバシーを守る働きをしています。貼り付け方は道路運送車両法で規制されています。フロントガラス、運転席側面ガラス、助手席ガラスは可視光線の透過率が70%以上確保できるものでなければいけません。


これは、運転者が交通状況を確認する視野を遮らないようにするためです。車種やグレードによってフロンドウインドシールドに着色が行われており、最初から透過率が70~80%になっているものもあります。それらに貼り付けると透過率が70%を下回るので、貼り付けは禁止されています。自動車の全ての窓ガラスにフィルムを貼ることをフルスモークといいます。車のリア側のみならず、フロントウインドシールド、左右フロントドアガラスに貼り付ける行為は違法で、公道を走ることが許されていません。近年では夜間の交通事故が増えたため法律が改正され、都道府県によってはフロントウインドウや助手席及び運転者側の窓ガラスに貼ることを禁止し、取り締まりを行うところもあります。

Comments are closed.

最近の投稿