不正改造によって課せられる罰則

ディーゼルエンジンは排ガスに対して多数の規制があります。中でも排ガスに含まれる物質の除去に関しての規制はとても厳しく、都内を中心に古いタイプのディーゼル車は消えてしまったほどです。大気汚染物質を減らすことで効果はとても高いのですが、一部のドライバーからは大変不評でした。それは大気汚染物質を取り除くための装置をつけると、これまで以上に走りが悪くなるからです。最新のディーゼル車では汚染物質の除去をしながらでも快適な運転ができるように調整されていますが、後付のトラックなどでは露骨に走りが悪くなると言われています。


そのため、一部ドライバーの中には不正改造を行い、汚染物質を垂れ流している悪質なドライバーもいるようです。トラックの場合はこの装置を外したり、改造しても排ガスの色ではわからないため、実質的に放置されていました。しかし、多くの都道府県で取り締まりが厳しくなり、不正な改造をしている車へのチェックが厳しくなり、摘発があいついでいます。しかし、撲滅するのはとても大変なことであり、頭を悩ませているようです。ただし、最新型のトラックでは燃料の噴出制御がさらによくなったことで不完全燃焼を減らせており、装置による影響がさらに減って乗りやすくなっており、買い替え需要も増えているそうです

Comments are closed.

最近の投稿