発進時やブレーキングの安定性に優れていてスリップしにくい

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)のメリットの一つには後輪にエンジンを搭載しているため、その重心が後輪にかかりトラクションが働くのでタイヤがスリップしにくい面があります。その効果については、坂道や雪道などに強いという特徴も持っています。

特にFR車やFF車などでは雪道などの悪路の状態だとブレーキをかけた時に、後方が軽い分だけ車体が横触れしてしまうリスクがあります。RR(リヤエンジン・リヤドライブ)なら後部に重心がかかるので、ブレーキをかけても横ブレするリスクが少ないです。

またブレーキを踏んだときのブレーキングの利きも良く、四輪にバランス良くブレーキがかかるので安定性も優れた特長もあります。それだけでなく、発進時の急な加速や停止でも車体のブレなども少なく、スムーズな乗り心地で走行できるのもメリットです。


 

なお自動車のコーナーリングは、駆動の場所によって異なると言ってよいです。前輪駆動と後輪駆動でハンドルを切った場合を考慮すると、前輪でハンドルを切った場合の方が後輪から前輪までの距離の分だけ大回りすることとなります。

一方、後輪駆動のケースでは前輪から後輪までの距離の分だけ小回りが利くこととなり、その分、曲がりやすかったり、停車もしやすかったりすることも多いです。スポーツカータイプの自動車、バス、トラックの大型車にとっては都合も良く、ほとんどがRR(リヤエンジン・リヤドライブ)を採用しています。

 

 

 

 

Comments are closed.

最近の投稿