エンジンストップ!事例と対策

車のトラブルでもっとも運転手が怖いのがエンジンストップではないでしょうか。タイヤのパンクもトラブルとしては多いですが、タイヤ交換は比較的カンタンですし、予備タイヤがあれば自分でも交換できます。現在では予備タイヤの代わりに補修材を載せていることも多くなってきています。補修材はタイヤが裂けていなければ利用できるスプレータイプの薬剤です。


パンク修理しなくても中で穴をふさぐようにできており、補修後は近くのディーラーなどに駆け込めるようになっています。しかし、エンジンについてはその場で修復できないことが多く、旅行先などではプランの取りやめとなることもあります。エンジン前割は自分で手を付けられない事が多いですが、エンジンオイル、ラジエター周りは定期的な交換をすればトラブルを避けられます。また、エンジンオイル交換時に鉄粉の量を診てもらうだけでもエンジンの状態は分かります。また、走行距離が長かったり、エンジンのかかりが悪い等の場合はプラグのチェックもしてもらえばさらにトラブルに合う確率を下げることができます。車のメンテナンスはオイル交換は1年に1度以上行い、可能であればATフルードなど他の油脂系のチェックもするとトラブルフリーな車生活を送れます

Comments are closed.

最近の投稿