ディーゼル自動車の排煙がもたらす現実

自動車に用いられているエンジンは、燃焼に使われる燃料の違いによっていくつかに分類する事ができます。
一般の乗用車のように、高回転であることが必要となる、ガソリンを燃料としたガソリンエンジン。
特に貨物用自動車など、大きなトルクを必要とする車輌に搭載される事の多い、軽油を燃料としたディーゼルエンジン。
更に、近年の環境問題や省エネルギー対策のために産み出された、天然ガスを燃料としたものなど、目的に応じて利用されています。


まだ、ガソリンに比べ軽油の値段が安価であった頃、コスト削減のために乗用車にもディーゼルエンジンが搭載される事が多くなった時期もありましたが、近年、ディーゼルエンジンを搭載したディーゼル自動車が排出する、排煙に含まれる物質が人体に及ぼす悪影響が知られる事となり、乗用車は電気自動車へと方向性を変化させ、他のエンジンでは求められる能力を得ることの難しい大型の貨物自動車などは、新たに産み出された様々な技術により、排出される有害物質を除去する事が求められているのです。
しかし、それでも尚排出されるNOXやPMと言った有害物質は、完全に除去する事は難しく、少しでも多くの有害物質を取り除く技術は常に研究されているのです。

Comments are closed.

最近の投稿