Archive for 4月, 2016

スタッドレスタイヤの特徴

以前は降雪時に車に装着したタイヤはスパイクタイヤが多数を占めていました。しかし、降雪時のグリップ力には安定性があったものの、雪が積もっていない、または路面が凍結していない状況下では冬タイヤに埋め込まれたピンがアスファルトの道路を削ってしまい粉塵を巻き上げる等の問題点が生じてきました。その巻き上げられた粉塵は、目や鼻、喉の病気を引き起こしたり、気管支喘息を悪化させる等の健康被害が発生しました。


そのような環境の中、スパイクを埋め込まない状態で積雪路や凍結路で従来のスパイクタイヤとの対比で、スパイクタイヤの問題点を克服しつつスパイクなしでも問題なく運用できる性能とすべく開発されたのがスタッドレスタイヤです。積雪路の走行を目的としているため、夏用タイヤと比較するとグリップ力を高め溝が深く掘られており、溝を構成するブロックにはサイプという細かい溝が切られ雪上の水分を取り込み、よりグリップ力を高めています。メーカーにより溝の形状等に個性はあるものの共通しているのは、路面温度が零度以上では想定されている効果が発揮されにくいという事と、タイヤの保存状態の悪さからゴムが劣化した場合にはグリップ力が当然発揮されなくなります。新品でも中古でも保管状態が悪ければゴムは劣化します。一時期、慣らし運転が必要でありましたが今はメーカーの工夫により改善されてきています。

マッドテレーンタイヤの特徴

マッドテレーンタイヤ(オフロードタイヤ)は、オフロードを走るのに特化したタイヤです。大型四輪駆動車向けの社外品として販売されていることが多く、泥の地形に対応するためにトレッドはリブが大きく、偏平率も大きくなっています。柔らかい路面の泥濘地や砂地、整地されていない場所で、トレッドが食いつき、強いトラクション性能が発揮されます。


接地面積を増やすためにわざと空気圧を抜くこともありますので、サイドウォール部分にまでリブが付けられているものもあり、このことはビードロックを使うことも示唆していますので、強いビードが作られているものもあります。ただしオフロードに特化させると、舗装路面においては、どうしても接地面積が小さくなってしまいます。そうなるとグリップ性能が落ちてしまうことになります。他国では、舗装路面で使用できるものか否かのテストがあり、それで承認されていない限り、公道を走ることは禁止すると定めている国もあります。またこのタイヤの設計は、柔らかい雪道を走行するのにも向いていますので、スノータイヤの一種であることを表記されています。ただし、スタッドレスの持つトラクション性能には及びませんので、「突然の雪に対応する程度」と捉える方が安全です。

 

 

オールテレーンタイヤの特徴

オールテレーンタイヤ(オフロードタイヤ)とは自動車のタイヤの一種であり、全地形タイヤと呼ばれることもあります。このタイヤは厳密にはオールシーズンタイヤと区別されるものなのですが、しばしば両者が混同されることもあるため、それぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。オールシーズンタイヤというのは夏に使用されるタイヤと、冬に使用されるタイヤの中間のタイヤとして開発されたものであり、オールテレーンタイヤは四輪駆動車向けのオールシーズンタイヤとなっています。


オールテレーンタイヤは4WD車やSUVのライン装着などに用いられることが多いのですが、ある程度までのオフロード走行と積雪面での走行が可能となっており、乗用車に用いられることが多いオールシーズンタイヤよりもやや目が粗いトレッドパターンを持っていることが特徴です。ちなみに、初期のオールテレーンタイヤは構造がノーマルタイヤとほとんど同じであったため、オフロード走行時の耐久性が低いとされていました。しかし、現在では構造の改良によりある程度までは問題が解決されているということです。また、かつては4WD車の舗装路面におけるロードノイズの低減や燃費の向上などを重視していたのですが、今日では高速走行にも対応できるようになってきています。

悪路・悪天候向けのタイヤ

車の走行性は車体全体の様々な要素に左右されますが、その中でも車輪の仕様は重要です。車輪の駆動性や表面の溝の具合によって走行することができる道やとっさの時の対応力が変わってくるからです。車輪には様々な種類がありますが、その中でも悪路・悪天候に対応するために作られているのがオフロードタイヤと呼ばれるものです。これを履けばオフロード車でなくても、悪路・悪天候の中で走行性や安全性を確保することができます。


同じオフロード向きのものでも、表面の溝の模様によって得意な路面状態や天候が異なります。この溝の模様のことをトレッドパターンと言い、大きく分けて「リブ型」、「ラグ型」、「リブラグ型」、「ブロック型」の4種類があります。車輪と平行な溝のリブ型は排水性に優れ横滑りに強いので雨天に対応できますが、基本的に市街地などのオンロード向きです。そのため、オフロード向きのものに使われているのはラグ型、リブラグ型、ブロック型の3つのパターンです。
ラグ型は車輪に対して垂直な溝が入っていて、駆動力と動きの制御力に優れています。そのため、未舗装の悪路に適しています。リブラグ型は名前のとおりリブ型の平行な溝とラグ型の垂直な溝の複合型で、双方の特徴が合わさり舗装路から未舗装路まで対応できます。リブ型同様排水性に優れるので特に雨天の悪路に強いと言えます。ブロック型はいくつものブロックが組み合わさったような網目模様で、溝が多く摩擦力が強いので未舗装の悪路はもちろん雪道でも対応できます。冬季の雪道や凍結路向けにはスタッドレスなどもありますが、こちらは季節を問わないので、オールシーズンどんな天気でも使うことができます。

テンパータイヤの特徴

普段、装着しているタイヤがパンクなど破損したときに使用するのがスペアタイヤです。
以前は装備が義務化され車検時でも点検項目でしたが、平成になり義務化がなくなりました。
自分でタイヤを交換ができないドライバーが増えたり、タイヤ性能があがってパンクしない確率が増え、1回も使わなかったスペアタイヤが解体時に増え続けたため。また車両のスペース効率化や軽量化のためと様々な理由があり、それに伴いスペアタイヤを最初から装備しない自動車も増えてきました。
しかし、道交法には「車両が不具合を起こした場合は、速やかに安全な場所まで移動しなければいけない」と規定されています。スペアタイヤを装着していない自動車はエア吸入口から入れるパンク修理キットが装備されているケースもありますが、サイドウオールを破損したような時は移動することができなくなります。


そこで、省スペースで搭載できるテンポラリータイヤ(テンパータイヤとも言われます)を積んでおいたほうが無難と言えるでしょう。テンポラリータイヤは今までの通常タイヤと同じサイズだったスペアタイヤが重く交換し辛かったために導入されたもので、接地面が細い非常用タイヤで、一般のタイヤより高気圧で膨らまされています。
自動車を走らせる前の目視点検でタイヤの空気圧をチェックし少ないときはガソリンスタンドなどで空気を注入しますが、忘れがちなのはスペアタイヤの空気圧です。
スペアタイヤの空気圧が不足していると万が一の時に交換しても走らせられませんので、チェックするようにしましょう。

Sタイヤの特徴

Sタイヤすなわち、サマータイヤは、スタッドレスなどのウインタータイヤの反対語として意味を持ちます。ウインタータイヤが出現するまでは、サマータイヤという言葉はなく、ただ普通のタイヤでした。


観葉植物04特徴は、やはりスタッドレスと対比するとはっきりし、スタッドレスタイヤと比べて、ドライ路面、ウェット路面での走行性能に優れ、燃費性能が良く、静寂性があり、、耐摩耗性も優れています。一方、気温が氷点下に近づくにつれて、グリップ力が低下し、凍結路面や圧雪路面での走行性や、ブレーキ性能は劣ります。法律的な扱いでは、都道府県は道路交通法施行規則、道路交通規則等によって、積雪及び凍結路面では、テェーンの装着か、滑り止めの性能を有するタイヤの装備を義務付けています。一般に、冬季の積雪が予想される地域では、冬にはスタッドレスタイヤ等に取替え、春から秋には、サマータイヤを装着します。しかし、スタッドレスタイヤは高額で経済的負担が大きいため、雪国でも一年中、サマータイヤを装着し、テェーンを携帯するにとどめる人もいます。一方、同じ理由から、近年のスタッドレスタイヤの耐摩耗性の向上により、一年を通して、スタッドレスタイヤを装着する人も出始めました。

スポーツラジアルの特徴

タイヤにはいくつか種類がありますが、大きく分けるとサマータイヤとスタッドレスタイヤとなります。サマータイヤは雪がふらない地域で使うタイヤであり、燃費が良い、滑りにくい、高耐久など特徴を持ったタイヤがそれぞれ販売されています。中でもスポーツラジアルと呼ばれるタイヤが注目されています。スポーツ系のタイヤは一般のタイヤと異なる点が2つあります。


観葉植物031つはタイヤの溝のパターンが異なります。タイヤのパターンは排水力とグリップ力に強く影響しますが、一般車の場合はグリップ性能よりも排水力、そしてタイヤノイズの減少を目指して開発が行われます。しかし、スポーツ車の場合は多少のノイズは気にせずグリップ力のためのタイヤパターンを開発してきています。排水性能についても重要視されていますが、冬に使うタイヤに比べてはそれほど違いはないです。ノイズはありますがグリップ性能が高いため、主にスポーツカーに搭載されることが多いですが、一般自動車でもキビキビした走りが欲しい方の中には履いている方も多いようです。ただし、グリップ力が高いためにタイヤの減りも多めです。同じ距離を走行してもスポーツ系のタイヤで多いものでは倍以上タイヤが減ると言われています。

快適性を追求:コンフォートタイヤ

スポーツタイヤはグリップ力等の運動性能の良さがその最大の特徴で、それに対するのがコンフォートタイヤで路面からの衝撃吸収や静かさ等をトータル性能を特徴としています。タイヤに快適性を求めるか、運動性能を求めるかによって方向が決まってきます。
このタイヤは基本製重視のスタンダードタイヤとは明らかに異なっていてこれを着ければ、ワンランク上の心地よさを感じ取ることができるでしょう。


観葉植物02
車を快適な乗り心地にするのは、サスペンションやシート等車本体とともに路面と直接接触するタイヤ性能によるところが大きいのです。路面の状態は常に変化していますのでタイヤが乗り心地の良い状態を作るためには、路面からの突き上げとロードノイズをいかに低く抑えることができるかということにかかってきます。
そこでこのタイヤには路面のでこぼこによるタイヤ内部の振動を吸音するための技術やトレッドパターンの独自設計によって騒音を減らし、サイドウォール構造を工夫することで快適な乗り心地にしています。また燃費の上でもすべてのタイヤの中でも低燃費になっています。このタイヤは輸入品と国産のものでは微妙な違いがありますが、オールラウンド性に優れていて選択肢が多く期待が高まっています。

基本のタイヤ:サマータイヤ

冬に装着するタイヤとして有名な存在としてスタッドレスタイヤと言うものが存在していますが、それに対して凍結の懸念がある時期以外に装着するタイヤとしてサマータイヤと言う種類のタイヤが存在しています。これは基本のタイヤであり、どのような地域の車でも一般的に使用されているもののことを言います。


観葉植物01
よく誤解されているのがスタッドレスタイヤは夏の時期に利用しても良いというものがありますが、これはあまりお勧めできることではありません。スタッドレスタイヤは一般的なタイヤに比べてゴムが柔らかく、多くの溝があることからスリップを抑制しています。その様な仕組みは冬の時期にこそ有効であり、夏の時期には走行性能を引き下げるとともにタイヤの摩耗を促進してしまう結果につながります。そのため夏の時期にはスタッドレスを外してノーマルタイヤにすることが推奨されているのです。
ノーマルタイヤはその様なす達ぢレスタイヤに比べると硬い素材でできているために路面との摩擦を必要最低限にすることが出来ます。ブレーキ性能と燃費背お能のバランスが最も優れた状態に持って行くのが夏の時期のタイヤの目指すべきポイントであり、その様な性能を進化させたタイヤが多く販売されています。

車の動作に重要なタイヤのあれこれ

}PgžxQ路面と唯一、面しているのがタイヤであり、言うまでもなく非常に重要な存在です。
そして走行性能を左右するポイントがいくつかあるのですが、まず溝が挙げられます。ゴムに溝が存在する事によってグリップを得ていますので、溝が無い状態で走ってしまうのはとても危険です。しかしながら素材であるゴムは摩耗していきますので、次第に溝が無くなっていきます。当然の事ながら溝が無くなる前に交換する必要がありますので、ある程度利用したら買い換えを行った方が良いでしょう。


溝は排水の役割もしています。雨の日に走行する際、溝が無い状態ですと上手く排水をする事ができず、それによって水の上を走るハイドロプレーニング現象が発生する恐れがあります。ハンドルもアクセルもブレーキも効かない状態になりますので非常に危険ですし、このような事態を発生させない為にも溝が重要な存在です。
ゴムの適度な弾力も重要なポイントです。ゴム素材は弾力がありますが、いつまでも弾力がある訳ではありません。製造から年数が経過したり、紫外線を浴びる事によって硬化が進み、弾力の無い状態になります。弾力が無いとグリップ性能も落ちてしまいますし、乗り心地の悪化も招いてしまうのです。

最近の投稿