Archive for 3月, 2016

車をキレイにするために!最低限これだけは用意したい清掃用品とは

洗車をする際に、最低限用意しておきたいアイテムとしてまずスポンジです。普通のタオルや要らなくなったTシャツなどを使うこともできますが、そういった物で洗ってしまうとボディに細かい傷ができてしまうことがあります。専用の物を利用するのが愛車を傷付けない為にも大切ですので、基本的には洗車用のスポンジを使うようにした方が良いと言えます。


洗車と言えばバケツもあった方が便利です。近くにホースがある環境ならなくても良いかもしれませんが、マンションの敷地内などで洗う時には準備しておいた方がスムーズに洗車ができるはずです。
洗車をした後は水滴をしっかりと拭き取る必要がありますが、その時の為にもあると便利なのがセーム革です。これはカモシカやヤギなどの革をなめしたものなのですが、ボディに非常に優しいという特徴があります。宝石を磨く時やカメラ、メガネのレンズを磨く時にも利用される位のしなやかさがありますので、ボディにも傷が付き難く拭き取りの際にも安心して利用することができるのです。通常のタオルで拭き取ることもできますが、タオルは目が粗く傷になってしまう恐れがありますので、できるだけセーム革で拭き取るようにした方が安心です。

愛車をピカピカに!道具を揃えれば洗車は簡単です

愛車はいつもピカピカにしておきたいものです。汚れたクルマを見られるのは恥ずかしいですし、また、きれいなクルマに乗るときは気分も良いですし、ドライブも楽しくなります。カー用品店に行けば、いろいろな洗車グッズが販売されているので、一通り揃えておくと便利です。まず洗車の基本となるのは、雑巾にバケツ、そしてスポンジとカーシャンプーです。カーシャンプーがなくても水洗いだけでも汚れはかなり落ちますが、泡立つと気分が良いです。カーシャンプーの中には、コーティング剤が含まれているものもあります。

クルマのボディには、カーシャンプーや雑巾がけではなかな


}PgžxQか落とし切れない、小さな汚れが無数についています。多くは鉄粉やタールで、いつのまにかボディに付着してしまいます。鉄粉やタールはカーシャンプーでは落とせませんので、専用のグッズが必要になります。水で濡れたボディを手で触ってみて、ざらざら感が無くなればOKです。

次にワックスやコーティングをします。これがボディを美しく保つコツです。コーティングされていると、汚れがついても、落としやすくなります。また、新車以上の輝きも生まれます。これらの洗車グッズからコーティング剤まですべてカー用品店で揃えることができます。

便利!これだけは持っておきたい洗車道具とは?

車に長く乗り続けるためには日々のメンテナンスが欠かせません。
そんなメンテナンスの一環として洗車があります。
車のボディは普通に走っているだけでも微細な埃や泥はねなどですぐに汚れてしまうものですので定期的な洗車は重要です。
また定期的に洗車を行っていることでタイヤ回りのトラブルなどを早期に発見することが出来るという利点もあります。


このようなことから定期的な洗車は車に長く乗り続けるポイントとなるのですが、洗車をするにあたって道具を揃える必要があります。
洗車グッズはホームセンターやカーショップなどで数多く販売されていますが、最低でも持っておくと便利なのがブラシです。
ブラシといっても様々なタイプがありますが、洗車時には水を使うので体が濡れてしまわないようになるべく持ち手が長いものがおすすめです。
中には持ち手の長さをその都度変えられるタイプもありますので、そうしたものを選ぶとより使いやすいといえます。
また洗車時に起こりやすいトラブルが使った道具でボディに微細なキズがついてしまうことですが、それを避けるためにはスポンジタイプのブラシがおすすめです。
こうした道具とともに専用のクリーナーなどを持っておくと綺麗に洗車を行うことが出来るはずです。

ホイールもキレイに!タイヤと一緒に美しくしよう

ホイールを洗う時は洗車と同じように洗車用洗剤をスポンジを用います。大まかな汚れを水で流してシャンプーします。強く擦ると表面に傷が付くの注意します。ホイールをより美しくするには、鉄粉やブレーキダストといった頑固な汚れ落とさなければなりません。ブレーキダストはカー用品店で売られているアルカリ性洗剤を使います。


傷防止のためにスポンジを使いますが、細かい部分は歯ブラシに変えると磨きやすいです。鉄粉はブレーキダストより汚れがしつこいです。市販に鉄粉除去剤という専用のクリーナーがあるので、それを使うのが良いです。これらの汚れは、「サンポール」というトレイ用洗剤でも落とすことができます。サンポールは酸を利用して便器に付いた黄ばみを化学分解して落とす仕組みです。ホイールにサンポールを垂らして、少し時間を置いてからスポンジで擦り落とします。アルミホイールでは、表面に保護膜が無い場合、油汚れが付着しやすくなります。油汚れは時間の経過とともに酸化して落とすのが困難になるので、仕上げに表面には撥水コーティングを施します。これによって次回のメンテナンスからは汚れの密着度がなくなり、表面を洗うだけなので済みます。

車のおしゃれは足元から始める!足回り系オシャレグッズ

おしゃれは足元からと言いますが、これはクルマにとっても同様です。クルマの足と言えば、タイヤのことですが、タイヤを意識するだけで、クルマの雰囲気は大きく変わります。まず、タイヤやホイールなどは泥やブレーキダストなどで一番汚れる部分です。そこで専用クリーニングを使って定期的に掃除する必要があります。タイヤはスプレーを拭く付ければ、汚れが落ちてワックス効果を得てピカピカになる便利グッズがあります。水洗いではなかなか落ちない汚れも簡単にきれいになっておすすめです。同様にホイールやホイールキャップも、汚れたら専用クリーナーできれいにすると良いでしょう。


花06

また、スチールホイールとホイルキャップの組み合わせから、アルミホイールに変えると、クルマが引き締まります。アルミホイールはいろいろなデザインがありますが、クルマにあったものを選ぶことが大切です。かなり目立ちますので、選択を間違えると、かえってアンバランスになってしまいます。スーツにはランニングシューズではなく、革靴が合うように、クルマにもそれぞれ合ったアルミホイールがあるのです。また、アルミホイールに履き替えると、軽くなるので、見た目だけでなく、運転もしやすくなるメリットがあります。

事故を防ぐ!車内の足回りを整えるお手入れ用品まとめ

車離れという言葉を耳にするようにもなりましたが、現実的には車のある生活は利便性が高く、ドライブも気持ちがよく、所有している価値は充分にあると言えるようです。
その価値観を強く感じるのは、車での移動が当たり前という地方だけではなく、子供がいる子育て世帯から上の年齢層の方たちは強く感じるのではないでしょうか。
車は常に綺麗に乗り続けたいものです。


花05
定期的な洗車はガソリンスタンドなどで済ませてしまうという方も多いと思います。
また、オイル交換などのメンテナンスも、カー用品店などを利用しているのではないでしょうか。
そこで忘れてはならないのが、足回りのメンテナンスになるのです。
派手さは無く、地味な存在ですが、乗り心地を左右し、事故を未然に防ぐ肝とも言える部分でもありますから、定期的なメンテナンスは施しておきたいものです。
タイヤワックスはツヤを出すだけでは無く、ゴムの劣化を防ぎます。
ホイールクリーナーは直接的なメンテナンスではありませんが、タイヤ交換時にスマートに対応できるでしょう。
そして重要なのがブレーキクリーナー。
ブレーキというパーツは異常があってはならないパーツであり、車の肝です。
また、金属だけではなく、ゴムのパーツも組み込まれていますから、錆や劣化を防ぐブレーキクリーナーを定期的に使用する事が、事故防ぐことにも繋がると言えます。

タイプ別!効果の高い撥水剤情報まとめ

自動車に関しては綺麗な状態に洗車を行って、いつもボディを輝かせることを行っている方も多くいます。洗車は自動車を長持ちさせることにつながることがあり、メンテナンスの基本ともされています。一方で窓ガラスに対しても常に綺麗に保つことが良い方法で、取れない輪染みや水垢などができてしまった場合では、専用のクリーナーで除去することができます。


ガラスに対しては一歩進んだ方法でケアを行うことも可能になり、代表的なアイテムでは撥水剤が該当しています。撥水剤は雨降りの日などに走行した際に効果を発揮することができ、速度を上げた場合では雨を弾くことが可能になります。撥水剤として販売されている商品は豊富にあり、有名なものでは先端に専用のスポンジが設置されていて、押しながら窓に塗り広げるタイプがあります。また、布に撥水剤を付着させて施工するタイプ、スプレー式で窓ガラスに吹き掛けて使用するタイプなども存在しています。効果の高いものを利用するには、各商品に書かれている情報を入手することがおすすめです。例えば耐久性についての表示や、走行速度で撥水効果が分かりやすく出るという表示などを施しているものがあり、タイプによって自由に選択できる環境が用意されています。

雨の日の運転も安心!車の視界がよくなる対策グッズ

雨の日は路面が光っていて、全体的に形式が薄暗いので視界を確保するのが難しいです。フロントガラスの視界をクリアにするためには、ウォッシャー液を利用するのが良いです。ウォッシャータンクの中にあり、電動モーターで液を噴出します。ウォッシャー液は撥水タイプと油膜取りタイプ、オールシーズンタイプがあります。


}PgžxQ撥水タイプは液を噴射して汚れた表面をワイパーで除去するもので、洗浄力はそれほど高くありません。洗浄力が最も高いのは、油膜取りタイプです。特に雨の日だけギラギラ光って見える車は、排気ガスの影響でガラス表面のしつこい汚れが付着しています。オールシーズンタイプは雪が降る地域で使っても凍らないのが特徴です。ウォッシャー液を水道水で混ぜて濃縮度を薄めることで、凍結を防ぐことも可能です。北海道では噴射口が詰まって液が噴射されないことがあります。またワックスを拭き取る時に、ノズルに触れて噴射口が詰まるケースがあります。撥水や洗浄などあらゆる点で優れているのが、ソフト99の「ガラススーパージャンボ」です。撥水効果が非常に高いです。大容量で、水で3倍に薄めても洗浄力が変わらないので、全国各地で油膜取りに使えます。

ポイントがあります!窓用お手入れ用品の選び方

自動車に関しては、運転上として常に安全性を保つことを行う必要があり、窓ガラスに対しても配慮することが良い方法です。視界を常に良好に保つ方法で、安全運転を行うことができます。現在では窓用のお手入れ用品などが多数販売されていて、目的に応じて選ぶことが良い方法です。


綺麗に磨く方法としては、油膜落としのクリーナーなどがあり、汚れた窓を綺麗に施すことができます。綺麗に仕上げた場合では、その状態を維持するために、撥水剤などを利用する方法もあります。撥水剤は窓ガラスに塗り広げて、固く絞ったタオルで拭き取る方法になり、簡単に使うことができます。高い効果を持つタイプであれば、雨降りの日であってもワイパーを使わずに走行させることを可能にしているものもあり、一定期間ごとに使用することがおすすめです。次にウォッシャー液なども高機能なタイプが存在しています。ウォッシャー液の場合では、洗浄剤が入っているものから撥水効果を持つ成分が入れられているものなどがあり、常に窓を綺麗に保つことに向いています。特殊なものではワイパーゴムの中にも撥水性を備えたものが提供されていて、雨降りの日の安全走行に大きく貢献すると共に、普段のメンテナンスを軽減させることにも役立ちます。

愛車をキレイに!洗車グッズを活用して車を大切に乗ろう

車に乗っていると、色々な汚れが付着してしまいます。
植物、鳥の糞、雨や雪などの跡などさまざまな汚れが愛車にダメージを与えてしまうのです。
とくに、何も綺麗にするための対策をしていなければ、余計に汚れ放題なので注意が必要です。
そんな時、洗車グッズを用意して、定期的に掃除をする、という方法があります。
洗車グッズはカー用品店やネット通販で気軽に入手可能ですから、使用目的に適合するものをチョイスしましょう。


}PgžxQ
価格によって色々な効果のものがありますので1度チェックしてみてはいかがでしょうか。
こうして道具を揃えたら何日起きに掃除をする、と自分でルールを決めるもよし、汚れが目立ったらキレイにするもよし。
汚い車のままでいれば窓ガラスについた汚れで前が見えにくいだけではなく、気持ちも荒んできてしまいます。
洗車する場所としては、自宅の駐車場があれば水道代のみなので経済的です。
逆に、借りている駐車場であれば、洗車場などを探して自由に洗える場所を確保しましょう。
中にはガソリンスタンドで自動洗車をすることもできますが、それだけでは取りきれない汚れもありますので手洗いも併用することをおすすめします。
マイカーを綺麗に保って快適ドライブを始めてみませんか?

最近の投稿