Archive for 8月, 2014

ユーザー車検の受け方とは

日本では、道路上で自動車を走行させるためには、道路運送車両法に規定する保安基準に満足しているかどうかを、公の機関で検査を受け、それに合格しなければならないとされています。それが一般に「車検」と呼ばれる検査です。
車検には新規検査や継続検査、変更検査などいろいろな種類がありますが、特に継続検査について説明します。継続検査はディーラーや自動車整備工場などで受検する「ディーラー車検」、代行業者の車検受検代行で行う「代行車検」、そしてユーザーが自ら受検する「ユーザー車検」があります。
ユーザーが自ら車検を受けようとする際には、普通車であれば全国の陸運支局、軽自動車であれば軽自動車検査協会で受検することが可能です、一般には住まいのエリアを所管する陸運支局で受検するのがいいでしょう。
車検を受けるのに必要な書類は、1.車検証、2.自賠責保険証書(新旧2枚)、3.自動車税納税証明書(継続検査用)、4.自動車検査票、5.動車重量税納付書、6.継続検査申請書、7.定期点検整備記録簿です。2.~6.は当日陸運支局でも入手可能です(3.は紛失し
場合には、県税事務所で予め再交付を受けておく必要があります)7.の定期検査整備記録は、車検前に実施した場合には添付し、車検後に実施する場合は添付は不要です。
後は自分の自動車が保安基準に適合しているかどうかを一通り確認したうえで、運輸支局の相談窓口で相談すれば、懇切丁寧に受検方法などの説明をしてくれますので、不安がらずに受検してみてください。
なお、法令上は前車検後整備でもよいことになっていますが、車検を受ける以上一通りの整備は自己責任で実施してからじゅけんしてください

車検切れと仮ナンバー交付

車検切れの車は当然公道を走ることができませんが、そうすると車検を受けたくても、その車を車検場に持ち込む手段がなくなってしまいます。
この場合、仮ナンバー(臨時運行許可証)を発行してもらうことが必要になります。赤い斜線が入った特別なナンバープレートで、これをつけていれば一時的に、車検や整備などの目的に限って車を運転することができます。

仮ナンバー交付の申請手続きは、最寄りの役所で行います。
必要な書類は、運転免許証と、自賠責保険証の原本(借りる日から1か月以上有効なもの)、そして運転する自動車の車台番号を確認するための書類(車検証など)1通。他に印鑑(認印)と手数料が必要です。
これらを持って役所の窓口に行き、自動車臨時運行許可申請書に必要事項を記入して申し込みます。審査が終わればすぐに交付してくれるので、申請するのは車検場に持っていく当日か前日で構いません。

交付を受けた仮ナンバーの有効期限は、基本的に必要最小限の日数しか許可されませんが、最長で5日間です。また、有効期限の満了後5日以内に役所に返納しないと法律違反となるので注意が必要です。

なお、仮ナンバー交付の申請手続きは委任した人の代理申請も可能です。有料で代理申請を引き受けてくれる車検業者もあるので、忙しい方は一度相談してみるとよいでしょう。

1日車検について

1日車検というものは車の引取りから納車までが1日で完了する車検のことを言います。そのメリットとしては朝の予約した時間に車を持ち込んだら、夕方までには車検が出来ているという早さであり、仕事をしている間に車検が完了しているということとなると、仕事の合間に依頼をして自分自身が待つことがなくなるというところが魅力でしょう。
実施される作業については保安基準に定められた個所や部品の確認が行われて、必要に応じた車両の整備が行われます。保安基準の適合整備によって部品交換の必要が発生したら、部品が当日中に入手出来なかったら車検が1日で終わらなくなることもあります。保安基準の検査項目は多くにわかり設定されているので、このような事態もおこりえます。
また1日で車検を終わらせるとなると、予約をする時間帯も非常に重要となってきます。出来るだけ始業に近い早い時間が整備もはじめられやすく、整備にかかる一定の時間が確保できるでしょう。やはり午前中に申し込みを行い、夕方までには車検を終えた車を引き取ることが出来るという形が理想的でしょう。点検や整備作業に関しては合理化によって展開されており、ユーザーにとって必要最低限な整備と調整が行われることから、出費も最小限に抑えられることも可能です。

指定工場と認証工場の違いとは

自動車に関係する業者の中に、自動車分解整備事業を行う業者がいます。この業者は、ユーザーがトラブル無く自動車を使用できるように自動車の分解修理・診断・点検等を行うことをサービスとして提供しており、事業の運営はユーザーから支払われるサービス料金を主な原資として行われています。
自動車分解整備事業を行う業者は自動車の分解整備を行うための工場を保有していますが、これには大きく分けて2種類の形態があります。1つは「認証工場」と呼ばれる形態です。これは法律などで定められている人員、面積、設備等の基準を満たした上で、地方運輸局長あてに申請を行って認証を受けた整備工場のことを指します。ここでは、車の点検整備と修理を行うことは出来ますが、車検については分解整備のみを行うことができ、検査そのものは運輸支局や自動車検査登録事務所へ直接持ち込んで行う必要があります。
そしてこの認証工場のうち、地方運輸局長によって車検も行うことができる整備工場として指定を受けている工場は「指定工場」と呼ばれます。この工場には、車の分解と点検を行う設備に加えて、国の車検場とほぼ同等の車検を行うための設備も備わっています。ここで車検を受けて保安基準適合証の交付を受け、運輸支局等に提出することで、新しい車検証の交付を受けることができます。整備工場が地方運輸局長の指定を受けるためには、人員や設備の面で認証を受ける際の基準より更に厳しい基準が設けられており、この基準を全てクリアする必要があります。

車検にまつわる雑学特集

車を所有することになると、その維持にどのようなことをしなければいけないのかという知識が必要になります。
車は購入したら、あまり乗っていないとしても、いろいろなメンテナンスが要るのです。
例えば、新車登録から丸3年で車検があります。その後は2年ごとになりますが、これは法的に義務付けられているので、必ずやらなければならないのです。
どういったことをするのかというと、車の改造をしていないか、タイヤの溝はあるのか、エンジンオイルやブレーキオイル、バッテリーや冷却水など、エンジンルームの状態はどうであるのか、といったことを検査していきます。タイヤが擦り減っていて、スリップサインが出ていれば、タイヤを交換しなければなりませんし、改造してあると検査に通りません。修理やパーツの交換に関しては、依頼をしたディーラーや工場によって、やり方や度合いも異なります。ですから、信頼できる所に出すことをおススメします。
また、この時点で自賠責保険の切り替えや税金などの法定費用も払うことになるのです。この時に入っている自賠責は、事故に遭ったときの被害者を補償する保険なのです。
こういったちょっとした雑学を知っていると、車を乗るにも損をしないでしょう。

依頼先と必要になる費用について

車を所有していると、定期的に行わなければならない車検があるのです。
通常、新規登録時から3年経つと初めての車検になります。その後は2年おきになります。車検では、改造の有無やタイヤのすり減り、オイルやバッテリー、冷却水などのエンジンルームの状態などを検査し、不具合がないかを確認します。また、自賠責保険の切り替えや税金などを払い、あと2年間そのまま乗ることができるようになるのです。
車に乗っているとこの費用の負担がかなり問題になるのです。軽自動車、普通車などでもかなりその費用は異なるのですが、排気量などでもランク分けされます。また、修理費や部品の交換、その工賃などでかなり高くなることもあるのです。
依頼先によっても、見方がかなり違います。例えば、街の修理工場や整備工場、車検専門のところなどと、ディーラーではかなり捉え方が異なるのです。ディーラーでは、いざという時のために念には念をという感じで、怪しいと思われるようなパーツや時期が来たので交換をするという部品が多かったりして、高額になることが多いのです。それに対して、整備工場などではわりと庶民的であり、どうしても換えなければならないような交換のみだったりして、わりと良心的に対応してもらえたりするのです。

車検証表記について

車検証は正式には「自動車検査証」といい、自動車賠償責任保険証明書や運転免許証とともに、車を運転して移動する際に必ず携帯しなければならない書類です。この自動車検査証は、保有している車両に関する詳細な情報が記載されており、車検の作業や買取店・販売店による査定作業、自動車保険の申し込み時など、様々な場面で利用されています。
自動車検査証の表記の見方は、書類の左上から、自動車登録番号又は車両番号(ナンバープレートの番号)、今回の登録を行った日付と最初に登録を行った日付、車の種別と用途、車体の形状、車名(製造メーカー名)、乗車定員、最大積載量、車両重量、車両総重量、車台番号、車体の長さ・幅・高さ、車輪にかかる重さ(軸重)、車両の型式、原動機(エンジン)の型式、排気量、燃料の種類、型式指定番号、類別区分番号、所有者名と住所、使用者名と住所、使用の本拠の位置、自動車検査証の有効期間満了日、備考という順番になっているのが一般的です。
車体の情報では製造メーカー名は記載されますが、車種やグレードなどは記載されません。その代わりに、型式や車台番号で車両を識別します。また、備考欄には、新規登録や移転登録などの登録手続きの種類、自動車重量税の金額、燃料基準や排ガス基準の達成の有無、前回登録の時点と今回登録の時点の走行距離などが記載されています。走行距離の記載が2回分なのは、走行距離メーターの不正を防止するためです。

車検の有効期間について

車を所有するときには、車検のことを考えなけれななりません。
通常、新車登録から丸3年で1度目の車検になるのです。初めての車検では、乗り方にもよりますが、それほど修理箇所もなく、法定費用と検査費用にプラスαになることが多いのです。そのあとは、有効期間が2年になるので、2年おきに車検を通すことになるのです。しかし、例外もあります。レンタカーに使われている車では、新車登録から丸2年で初めての車検、その後も2年おきになるのです。
車検というのは、車の改造をしていないか、タイヤはすり減っていないか、エンジンオイルやブレーキオイル、バッテリ―、冷却水などのエンジンルームはどうなっているかなどの検査をしていきます。タイヤではスリップサインが出ていたら、交換です。また、前と後ろのタイヤをローテーションしたりするのです。
車検時の整備の仕方は頼んだところによりさまざまですが、定期的に部品の交換を勧めるディーラーもあれば、良心的に状態によって、交換不要と判断して、交換などを必要最低限にするような整備工場などもあります。
しかし、これは全て安全に安心して乗るために必要なことなのです。信頼できるようなところに出すとよいでしょう。

車検について知っておきたいこと

車を所有していると、新車登録時から通常3年で初めての車検を行うことになります。この車検というのは、自動車の状況を検査し、整備をするもので、改造してないかとか、タイヤが擦り減っていないか、エンジンルームはどうかなどの検査をしたり、自賠責保険や税金などの支払いをしていくものです。しかし、一部例外もあり、レンタカーである場合には、新車登録から2年で車検になるのです。
この車検は、車検前1か月から実施できるようになっています。ですから、忘れないように車検に出すようにします。たいてい、ディーラーや整備工場などで気を使ってそのお知らせが事前に来ることが多いのです。
もしも、車検を通さずに期間が満了してしまうと、その車を運転することができませんので、レッカーなどで運んでもらい、車検をしてもらうようになるのです。
その金額は車種や修理箇所などによってもかなり異なります。街の整備工場や車検専門の工場では、わりと良心的な価格であることが多いのですが、ディラーなどでは万が一に備えて、部品の交換が多かったりすることもあり、高めなのです。しかし、万が一に備えての事なので、安全性は高まることでしょう。
このように、車を所有するのなら車検は受けなければならないことなのです。

最近の投稿